生産部門 冨長 俊介
2016年入社

どのように食品を作り、供給していくか
その流れを知ることができる職場です。

もともと食べることが好きで自分で料理をすることもあり、食品業界に関心を持っていました。
世の中にはたくさんの食品会社がありますが私自身が料理を手軽に作りたい時、ダイショーの鍋スープや味・塩こしょうを使っていて、私生活にとても身近な存在だったので応募しました。
はじめは工場で働くことも考えましたが、どういった流れで食品を作り、それをどのようにして世の中に供給しているのか、その部分に興味があったので、製造職を希望し現在、食品製造の流れを計画する生産管理の仕事をしています。

心に余裕をもって仕事をすることができ、
先輩や上司も親身に接してくれる環境です。

生産管理は生産の計画を立て、そのための人員を調整する仕事になります。いかにミスを無くせるか、効率よく行なえる方法はないかなどを考えながら仕事ができる余裕ある職場だと思います。
雰囲気も良く、上司や先輩がとても親身に接してくれて、仕事しやすい環境です。
大型連休などの繁忙期は苦労する時もありますが、どの製品を優先して生産するべきか、過去の売上や直近の受注状況など情報を駆使し、いつも以上に確認し計画を練り、連休の初日を欠品無しで迎えられると、大きな達成感を得られます。

ダイショー商品で好きなもの

秘伝焼肉のたれ
疲れて帰った時に食べる秘伝焼肉のたれを使って作った焼肉丼がとても美味しくて、印象に残っているからです。

調味料は食卓に欠かせないもので、その調味料の味が親しまれやがて家庭の味になり、愛され続けるからです。

ダイショー社員の1日

休日の過ごし方

音楽を聴いたり、外出したりと生活リズムを崩さない程度に趣味に没頭しています。たまに地元の気の合う友人と飲みながら語り合うこともあります。

就活生へのメッセージ

仕事をしていく中で、多くの困難や悩みは必ずやってきます。ダイショーにはそれをどう乗り越えるか自分で考えられ、そして一緒に考えてくれる人もいます。
ぜひ、多くのものを見て・感じて、それでダイショーで働きたいと思ったなら一緒に頑張りましょう。

INTERVIEW

  • 営業部門 中村 健太 2013年入社
  • 商品開発部門 前田 明徳 2014年入社
  • 生産部門 冨長 俊介 2016年入社
  • 生産部門 松本 活樹 2016年入社
  • 営業部門 坂口 昂平 2014年入社
  • 商品開発部門 栗原 佳恵子 2017年入社
  • 営業部門 中村 健太 2013年入社
  • 商品開発部門 前田 明徳 2014年入社
  • 生産部門 冨長 俊介 2016年入社
  • 生産部門 松本 活樹 2016年入社
  • 営業部門 坂口 昂平 2014年入社
  • 商品開発部門 栗原 佳恵子 2017年入社
リクナビ2021